ニューカレドニア観光局

ココティエ広場 PLACE DES COCOTIERS

ヌメア市民の憩いの場

ココティエ広場はヌメア市街地の中央に位置し、東西方向にやや傾斜している長方形の形の広場です。
もともとは名前の由来になっているヤシの木が多く植えられていたのですが、現在は1月~2月まで真っ赤な花が咲き乱れてる火炎樹(フランボワイヤン)が目を引きます。東側にはキオスクと呼ばれる音楽堂があり、時にはイベントの舞台になります。また、中央にはセレスト(天女)の像が置かれた噴水、西側には、ヌメア市観光案内所、カフェテリア、そして植物園があります。日中は車の多いヌメア市街地で、この広場が憩いの場所として市民たちに利用されています。

ココティエ広場の周囲には、お土産屋や免税店、レストランやカフェが多く、観光客が散策中に一服するのにもよい場所でしょう。 広場の西側にある大きな建物はヌメア市役所、北側の赤い瓦屋根の建物は現在ヌメア市立博物館になっている旧市庁舎です。

ヌメアおよび南部州観光案内所もココティエ広場にあり、英・仏・日3ヵ国語のパンフレットやヌメアの情報誌「ピクニック」などが手に入ります。ぜひ、一度訪れてみましょう。