ニューカレドニア観光局

ヌメア市内の移動 noumea

路線バス

ヌメアの路線バスは色と番号で分けられています。夜間は運行されていません。ココティエ広場のバス乗り場は路線によって異なるのでご注意ください。

1回限り乗車できるチケットは1枚210CFPで、運転手から購入します。ただし、市内各地にある自動販売機で事前に前売り券を購入する場合は、1枚190CPFです。 始発は6時、最終バスは19時ごろです。週末は本数がすくなくなります。 路線は以下のように編成されています。番号よりも色で区別する方がよいでしょう。(運転間隔: 平日15~18分ごとに1本/土・日・祝日30分に1本)

乗車券の種類 購入場所 料金
1回乗車チケット ココティエ広場自販機 190cfp
乗車時のバス内 210cfp

観光客にもっとも利用されるのは10と11番バス(グリーンライン)70番バス(オレンジライン)も、ココティエ広場とアンスバータを繋いでいます。チバウ文化センター行きは40番です。

路線番号 路線経由地
10 11 ウェントロ~アンス・バータ~シトロン湾~ポート・プレザンス~ココティエ広場~ヌーヴィル
20 サン・カンタン~マジェンタ空港~ココティエ広場
40 モーゼル湾~~ココティエ広場~マジェンタ空港~ティナ・ゴルフ~チバウ文化センター
70 オレンジ リビエール・サレ~ココテイエ広場~アンス・バータ~ヴァル・プレザンス

ヌメア市路線バスの路線図は、下記のKARUIA BUSホームページにも掲載されています。

Karuia Bus

タクシー

タクシは、チップの習慣がないので、メーターに表示されている料金をそのまま支払うだけ。ただし、ホテルやレストランなどで電話でタクシーを呼んでもらったときは、メーター表示料金に呼び出し料170 CFPを足してタクシーの運転手に支払います。

ココティエ広場の南側に乗り場があっていつでも客待ちしています。それ以外の場所では電話で呼び出さなければまりません。ホテルやレストランなら気軽に頼めます。ヌメアで公衆電話で呼び出す場合の番号は 28.35.12です。

タクシー料金表
ヌメア市内 123 CFP/km (平日 6:00~18:00)
163 CFP/km (平日 18:00~6:00)
ヌメア市外 188 CFP/km (日中・夜間にかかわらず)
  • 料金は2015年月6月現在のもの。いずれも、1km走行するごとの加算料金です。初乗り料金340CFPで計算されますが、最低料金は600CFPなので、それを下回ることはありません。
  • 最小料金/600CFP(共通)
  • 料金は走行する地区によってことなります。
  • 祝日は市内・市外にかかわらず、ヌメア市外料金が適用されます。
  • また、電話などで呼び出した場合には、呼び出し料として170 CFPが加算されます。呼び出し料はメーターに表示されませんので、ご注意ください。また、待ち時間に関しては、1時間あたり2,700CFPが加算されます。
  • トランクに入れる荷物ひとつあたり44CFPが加算されます。通常4名まで乗れ、5人乗ると440CFP加算されます。
アンスバータから乗車した場合のおよその料金目安
アンスバータ地区~ヌメア中心街 1,100 CFP
アンスバータ地区~自然公園 1,400 CFP
アンスバータ地区~ティナゴルフ場 1,800 CFP
アンスバータ地区~モンコギのレストラン 4.200 CFP
アンスバータ地区~トントゥータ国際空港 8,600 CFP
ヌメア市内観光(1時間) 3,500 CFP

プティトレイン

現在、定期コースは休業中です。再開次第、詳細を掲載します。

タクシーボート

好きなときに離島ヘ気軽に行ける!日本にはないタクシーボーをどんどん利用しましょう。

手近な島へシュノーケリングに出かけようと思ったらタクシーボートが便利。カナール島やエスカペード島まで片道5~15分。利用の際には帰りのボートも予約して置きましょう。フィッシングやサーフィンのためのチャーターも可能です。

プラージュ・ロワジール
80 promenade Roger Laroque, Anse Vata, Noumea
29.90.00 / 26.17.80
プラージュ・ロワジール
タクシーボート料金表(往復) プラージュ・ロワジール発
カナール島行き 1200 CFP
メットル島行き 2800 CFP

レンタサイクル

爽やかな潮風、ベダルを踏む足も軽やか。ただし、ヌメアは坂道が多いことも知っておきましょう。

爽やかな潮風を頬に受けながら、ペダルも軽やか。アンスバータ周辺ではレンタサイクルも簡単。ランタナビーチホテル付近のカフェでも借りられるほか、ビーチ中央部にたつプラージュ・ロワジールでもレンタルできます。一部のホテル(例:メリディアン・ヌメア)では宿泊客に無料で貸し出しています。

プラージュ・ロワジール(アンスバータ)の料金例
2時間 800CFP
半日 1,000CFP
1日 1,500CFP

ニューカレドニアでは自転車で歩道に乗り上げることは禁じられています。自転車は車道を走ることになっています。車との接触がないように気をつけながら、安全に気を配って、サイクリングを楽しみましょう。