ニューカレドニア観光局

年間平均気温24℃、一年を通じて温暖で爽やか

ニューカレドニアは亜熱帯気候に属し、年間平均気温24℃前後で初夏のさわやかさが1年中続く、大変すごしやすいところです。 グラフを見ればわかるように、1年の気温の変化は比較的少なく、もっとも暑い2月ごろで平均気温27℃、もっとも涼しくなる7月が20℃ぐらいです。南国の強い日差しを浴びてかいた体の汗も、日陰に入ればすぐに乾いてしまう、カラっとした暑さがニューカレドニアの気候の特徴といえるでしょう。

気候の特徴 3ポイント!

POINT1

ニューカレドニアには日本の梅雨にあたる雨季はありません。ひと月で200ミリ以上の雨量があることは稀です。(他のリゾートでは1年のうち半分ぐらいの月で200ミリ以上降るところがかなりあります)

POINT2

一般的にいえば、1月から4月までが雨の比較的多い時期、9月から11月までが雨の少ない時期です。ただし、年によってずれが起こりますので、あくまで目安にすぎません。

POINT3

5月から10月までは、薄手のカーデガンのようなものを持っていったほうがいいでしょう。夕方以降、ひんやりするくらい涼しくなります。

グラフで見る気候情報

※過去30年 (1966-1995) の平均値を基にしています