ニューカレドニア観光局

センスが光る品物を探そう

地元の人々の生活の匂いがする雑貨店のなかに、センスの光る品物が見つかることがあります。 いわゆる観光用のお土産とちがったところで面白いものに、地元の人々の生活の匂いがする雑貨品があります。
また、大型スーパーに行けば、食器や調理道具、食品、子供服など、日本とはちょっと違ったオシャレなセンスの品々が数多くあります。 また、ニューカレドニアらしいデザインの封筒や便箋といった文房具も、意外に人気があるアイテムです。

手軽に何でも揃えるならスーパーマーケット

ローカルの人々が買い物をする場所に出かければ、意外と楽しい発見があります。スーパーマーケットはフランス語で「スペルマルシェ」。ヌメアには大型スーパーがいくつかあるのですが、残念ながら観光客が多く足を運ぶ地域にはないので、市街地(ダウンタウン)かアンスバータ地域にある中型のスーパーを利用するのがよいでしょう。営業時間は通常、朝8時~夜7時までです。日曜は午前中のみ営業のところが多く、祝日は休業もしくは午前中のみ営業します。

カジノ(中心街) 中心街、ダウンタウン地区。ココティエ広場からヌメア市役所の裏側に回って、海に面した通り沿い。 営業時間:7:30~19:30 日曜・祝日は7:30~12:30。
カジノ(オルフェリナ湾) ポート・プレザンスオルフェリナ湾地区のショッピングセンター
オセアニア アンスバータ地区。ル・ラゴン・ホテルから50mぐらい。 営業時間:6:00~19:30

大型スーパー、たとえば、ジェアン(GEANT)やコンティナン(CONTINENT)はレンタカーもしくはタクシーを利用しないと行けません。タクシーで行った人は、買い物後、スーパーのレセプションカウンターに頼んで帰りのタクシーを電話で呼んでもらいましょう。

もう1つ、根強い人気の "切手"

ニューカレドニアの切手も実はよいお土産になります。切手と聞くと一部のコレクターの間で人気があるものと思われがちですが、ニューカレドニアの切手はコレクターだけではなく、多くの人に好まれています。たとえば、かつて切手雑誌で受賞したこともある切手シートはウミガメのイラストがデザインされています。

2003年、フランスの切手専門雑誌Timbre Magazineで、ニューカレドニアの切手「タートル・シリーズ」がその優れたデザインを評価されて世界一位に選ばれました。ニューカレドニアの郵便局では、これまでにもラグーンに生息する海洋生物(イルカ、クジラ、ジュゴンなど)を絵柄にした切手を発行し、毎年同雑誌が主催する世界スタンプ・ワールドカップで入賞を果たしてきました。ヌメア朝市と通りをはさんで向かいにあるヌメア郵便本局に行けば、様々な切手シートから選んで購入できます)。